京都の伝統行事、イベント、展示会、会場の企画・設営とレンタル用品

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ
創業 文久年間 貸物装飾・展示企画 株式会社 矢野|京都の伝統行事をサポートする技能集団
矢野について設営実績イベント企画・設営レンタル用品京都の催事会社案内リンク集
トップページ > 2010年05月 アーカイブ
株式会社矢野 トップページへ
新着情報

2010年05月 アーカイブ

京都 茶会

 2010年05月19日


茶会 準備

寒暖の差もゆるみ、初夏の空気を感じる頃となってまいりました。

新緑が深まる中、季節に合わせたお茶会が各地で催されます。
こちらは昨年、この季節に催されたお茶会の準備の様子です。

京都 茶会


このお茶会は家族連れや観光途中の方などが訪れ、普段お茶になじみにのない方でも茶文化に気軽に楽しむことができる親しみやすいお茶会でした。


当社ではこのようなお茶会をはじめ、寺社仏閣における御献茶祭など、
京都から各地に出向きお茶会の準備に携わっております。

京都 茶会2 京都 茶会3

本席や点心席などをはじめ、仮床や華台などを設営し、会場をお茶席の空間へと装飾・設営いたします。
何か催事でお茶席をお考えの際は、お気軽に当社までお問い合わせください。

お茶会に関する実績はこちらから

京都三大祭 葵祭

 2010年05月10日

5月15日は葵祭です。
京都三大祭の先陣を切り、京都市内で平安王朝の世界が繰り広げられます。


葵祭のはじまり

風雨による凶作から五穀豊穣を祈ったのがはじまりで上賀茂神社、下鴨神社の例祭として平安時代から盛んに行われてきました。
起源については諸説ありますので一概にはいえませんが、古くから親しまれてきた祭です。
やがて国家的な祭とされ、日本の三大勅祭のひとつとして数えられるようになりました。

葵祭 写真

祭りの歴史は深く、王朝風雅を伝える最古の祭として知られています。
メインの葵祭行列は「路頭の儀」と呼ばれ、上賀茂神社、下鴨神社で行う「社頭の儀」に向かう道中の儀式として伝えられています。

葵祭の見どころ

葵祭の装束の着付け、調度など平安期の文物風俗を忠実に保っており、束帯姿や十二単の斎王代などの行列が都大路を進む姿は1400年の歴史を感じさせ、厳格な祭りの趣を持っています。

行列は近衛使などの本列、斎王代につづく斎王代列に分かれ、約五百余名、馬、牛、牛車、腰輿(およよ)などが連なり約八キロの道のりを練り歩きます。

葵祭 写真2

葵桂をかざし、牛車には藤の花、花傘など、衣装のほかにも彩りを添えて大変華やかです。

本年の15日は土曜日ということもあり、平日で見ることができない方も祭を見に行ける絶好の機会です。
生の王朝絵巻をこの機会に是非見にいらしてみてはいかがでしょうか。

過去の葵祭に関する記事はこちらから